電源ユニットの規格、容量、性能とは

PCの電源は正しい物を選ばないとPCが起動しないばかりかパーツが壊れてしまうこともあります。

正しく電源を選ぶために必要な知識をおさらいしましょう。

電源の役割

PCに使われる電源ユニットは非常に重要なパーツです。電気がなければPCは動きませんし、性能が悪いと消費電力が無駄に上がってしまいます。

電源ユニットが何をしているのかというと、コンセントなど過程に供給される交流の電気を直流に変換し、PCパーツが電気を使えるようにしています。

電源ユニットには容量があるため、PCパーツを交換したらきちんと使っている電源ユニットの容量内に収まっているか確認しましょう。

電源の規格

電源ユニットには大きさによっていくつかの種類があります。

そのうち一般的なのはATXと呼ばれる規格で、デスクトップPCで主流の規格です。そのため静音性や価格など、選択肢が多いです。

他にもATXを小型化したMicro ATX(SFXとも呼ばれます)、サーバなど高性能機向けのEPSなどいくつかあります。

参考:ATXとmicroATXの違いを検証する

ノートPCや小型PCの場合は独自の大きさの電源ユニットが使われたり、AC電源ケーブルが使われることが多いです。

電源容量

最近はPCパーツの少電力化が進み、必要な電源容量も減少してきていますが、最新のパーツや高性能なパーツほど電気を食うのは昔から変わりません。

容量ギリギリだと供給が安定しないため、すべてのPCパーツがきちんと働くためには電源の容量が十分あることが大切です。

電源ユニットの容量はワット(W)で表されます。これは電圧(V)と電流(A)の掛け算でわかるため、パーツごとのワット数は把握しておきましょう。

ゲーミングPCなうによると、ゲームパソコンの場合は500~850Wくらいが必要とのことです。グラフィックボードによって必要な容量が変わってくるので、自作するならきちんと計算したほうがいいです。BTOなら初期搭載されている電源ユニットで大丈夫です。

電源の性能

電源ユニットが電流を変換する際、すべての電流を変換できるわけではありません。一部は熱などの形で別のエネルギーとして失われてしまいます。

そこで、どれぐらいロスせずに変換できるかを表す電源変換効率という値を使って電源ユニットの性能が表されます。

特に、電源変換効率が80%以上のものは80PLUSという認証を受けることができ、その中でも更に6段階にわけられています。

まとめ

PCの電源は文字通り命綱です。これがなければどんなにいいパーツでも動きません。電源容量が十分足りるよう、予め計算しておくとよいでしょう。

また、いくら容量が足りていても静音性や省エネ性が皆無だと安物買いの銭失いになってしまいます。そういった点を鑑みつつ、80PLUS認証を受けた電源ユニットを選ぶようにしましょう。